AGA(男性型脱毛症)に関する都市伝説を暴く!!

finax

今回は、AGA(男性型脱毛症)に関する都市伝説的な疑問をまとめて紹介していきます。

抜け毛にはいろんな原因があるとされていますが、果たして自分が思っている原因が正しいのか・・・。

知ってるようで知らない抜け毛に関する知識をよくある質問形式に紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

医学的に脱毛抑止効果や発毛効果が期待できるAGA治療薬も多く販売されていますので、下記の情報を元に理解を深めていきましょう!

抜け毛都市伝説!!

【都市伝説.1】抜け毛=遺伝


・抜け毛と遺伝の関係性は、皆さんも気になるポイントだと思いますが、結論から申しますと全く関係が無いわけではありません。両親・祖父・祖母などがハゲているからと言って100%ハゲるという事でもないのです。

もちろん、多少なり関係するとは思いますが、基本的には薄毛になりやすい体質かどうか?というのがポイントになります。日常生活が乱れていたり不規則だったりするとホルモンバランスも不安定になり、髪の毛そのものが弱ったり、毛根が弱ってしまう原因となるのです。日常生活を見直してみましょう。

【都市伝説.2】体毛の量と髪の毛は反比例


・男性ホルモンにはテストステロンと呼ばれているホルモンの1種があります。薄毛の主な原因はこのホルモンにリダクターゼとうい酵素が加わる事によってジヒドロテストステロンというホルモンに変換され、このジヒドロテストステロンが脱毛を促進してしまうのです。

このホルモンが特に頭頂部付近に多いため、他の体毛よりも薄くなりやすくなってしまうのです。なので、全体的に男性ホルモンが多い方は、体毛が生きていても頭頂部のみ毛根が死んでしまうという事で、極端に薄く感じてしまう場合もあるようです。

【都市伝説.3】ワカメを食べると毛が生える


・これも薄毛あるあるですが、基本的には「ワカメを食べる=毛が増える」にはつながりません。もちろん、ワカメには髪の毛を生成するミネラル成分も含んでいますが、毛が増えるほどのミネラルは含んでいません。

ワカメを定期的に摂取することで多少なり、髪の毛に良い成分を与える事はできますが、基本的には他の食材も含めてバランスの良い食事を摂り、健康的な食生活を意識する事が大切だと言えるでしょう。

【都市伝説.4】ストレスはハゲに繋がる


AGA(男性型脱毛症)に関しては、ストレスと密接なかかわりがあるわけではりません。ストレスで考えられる抜け毛は円形脱毛症です。

円形脱毛症は、自己免疫疾患が原因で起こりやすいとされており、ストレスと自己免疫機能は関係性が深いため、結果的に「ストレス=円形脱毛症」になりやすいという認識は間違っていません。

【都市伝説.5】ハゲに育毛剤が効果的


・育毛剤のみで髪の毛が生やすというのは難しいかもしれません。体質によって異なりますが、育毛剤は日々の生活習慣を見直しながら+αとして使用する方が多いです。

また、発毛効果が期待できる成分として「ミノキシジル」があげられますが、この成分は比較的発毛効果が期待できるとされています。そのほかにも「フィナステリド」成分も脱毛抑止効果あるとされており、効果的な方法としては、日常生活の見直しを含め、頭皮のケアや発毛、脱毛抑止効果の得られる成分を含んだ治療薬を服用するのが良いでしょう!

抜け毛に関する都市伝説まとめ

finax

抜け毛都市伝説に関していかがでしたでしょうか?

昔からよく聞く抜け毛に関する疑問に関しては、ある程度解決できたと思います。

抜け毛や薄毛、脱毛症にはなにかしらの原因や理由があります。

ハゲたからと言ってすぐに諦める。。。年齢のせいにする。。。のはやめましょう!

しっかりと治療したり、髪の毛の生えやすい体質つくりをしていけば徐々に効果が期待できると思いますので、少しずつ実践して発毛効果を得ていきましょう!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ