AGA治療薬プロペシアの副作用とは?本当に起こる!?

propecia1

育毛効果があるとテレビや口コミなどで

話題になっている「プロペシア」

プロペシアは医薬品なので、もちろん副作用が起きる可能性があります。

そんなプロペシアの副作用を紹介していきます。

プロペシアの副作用内容

プロペシアの副作用といえば

「性欲減退」「勃起機能の低下」

が有名です。

男性にとって性関係の機能の低下は

かなり気になるものですよね。

薄毛を治したいけど、勃起できなくなるのは嫌だ

なんて声も多く、恐れる人が多いため

プロペシアを試しでも使わない人がいます。

プロペシアの副作用発症率

人はみなさん体質が違います。

プロペシアが体質に合って、副作用なく効果がある人もいれば

体質に合わず、副作用を引き起こしてしまう人もいます。

プロペシアを研究する企画として、副作用の発症率を調査した件で

性欲減退が発症した人は全体の1.8%

勃起機能の低下した人は全体の1.3%

というデータが出ました。

全体でこの数というのは、かなり低い発症率です。

副作用の発症は思い込みが原因!?

tumblr_ktf363haEQ1qz6hv2o1_500

男性機能はかなり敏感でナイーブです。

緊張やストレス
萎える気持ちなどで勃たなくなります。

なのでプロペシアを服用する際に

「プロペシアを飲んでるから、勃たないんじゃいかな・・」

と不安になり、思い込んでしまうと

その不安と緊張が男性器を勃たなくしてしまう恐れがあります。

なので服用して性行為をする際

プロペシアのことは考えないようにしましょう。

すると副作用が起きる可能性を低くすることができます。

副作用が発症したときの対処法

usuge-kaizen

亜鉛成分のものを多く摂取しましょう。

この成分は男性の性欲を増したり、血行を良くして勃起する力を催促します。

さらに育毛にも良い成分なので一石二鳥です。

それでも性欲減退や勃起機能が回復しない場合や

一旦、プロペシアの服用を止めることをオススメします。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ