AGA治療にとって睡眠の大切さ

男性

AGA治療にとって睡眠の大切さは、何度もここのサイトでも紹介しています。

生活リズムが狂ってしまうと髪の毛の育毛や成長にも悪影響を及ぼします。

いくら育毛剤などの育毛を促進する成分のものを頭皮に塗っても。基盤となる頭皮の環境が悪いと効果がなかなか得られません。

規則正しい生活が髪の毛だけじゃなく、健康にも若返り、ダイエットにも効果があります、

そのためにも睡眠をしっかり取りましょう。

質の高い睡眠を取るためにできること

睡眠時間が長ければ長いほど良いというわけではありません。

質の良い睡眠なら時間を大幅に取らなくも大丈夫です。

そこで質の良い睡眠が取れる方法を紹介します。

です。

ひとつずつ説明していきます。

朝

毎日同じように時間が流れているわけではないので、寝る時間を統一させることは難しいです。

何時に寝ても毎朝同じ時間に起きることが大切です。

人間の身体は睡眠によって体内時計を調整しますので、毎朝リセットすることができます。

難しいことかもしれませんが、休日でも同じです。

時間があると昼過ぎまで寝たいという気持ちも分かりますが、生活リズムが崩れてしまいます。

いつも通りに朝起きて、昼寝を30分~1時間するのが理想的です。

朝ごはん

慌しい朝かもしれませんが、しっかり朝ごはんを食べよう。

朝、食欲が無いという人も多いのですが、それは寝不足や就寝前の食事に原因があります。

朝からご飯を食べると充実した気分になりますし、昼ごはんまでにムダな間食をする必要もなくなります。

日光を浴びる

眠りを誘う「メラトニン」というホルモン成分をご存知ですか?

「メラトニン」は脈拍、体温、血圧を低下させることで睡眠と覚醒のリズムを調整し、眠りを誘ってくれる作用があります。

太陽光は脳に刺激を与えないで、メラトニンを夜に発生させる働きがあります。

夕方以降に分泌量が増えて、夜になるとさらに超えて深夜2時がピークになります。

適度な運動

眠りが浅くなる原因のひとつが肉体的な疲労が少ないことが挙げられます。

大人になって社会人をしていると自分から進んで運動をすることを心がけないと、身体を動かす機会がなくなってしまいます。

身体は疲れていないのに脳だけが疲れる状態は良くない状態です。

朝少し早めに起きて家の周りを走ったり、仕事帰りは駅ひとつ分歩いて見たりなど、少しだけでもいいので、生活に運動を取り込みましょう。

寝る前に食べない

胃の中に食べ物が入っていると眠りを妨げる原因になります。

お腹がすいていると寝れないし、お腹いっぱいになると眠くなるということがありますが、快適な睡眠を取るためには胃の中に何も状態が好ましいです。

時間的には就寝前の三時間前から何も口にしないのがいいです。

寝るための酒

寝つきが悪い人が毎晩寝る前にお酒を飲んで就寝しているという人も少なくありません。

アルコールは眠りを誘う反面、眠りを浅くする作用があります。

お酒を飲んだときだけイビキをかく人がいますが、それは浅いレム睡眠のときに発生しやすいものになります。

お酒は適量であれば問題はないのですが、摂取のしすぎは問題です。

肝臓のことも考え週に1.2日は肝臓を休ませましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ