お酒って薄毛・抜け毛の原因になる??アルコールと髪の毛の関係!!

alcohol

百薬の長とも言われているお酒。

適量ならば、体に良いと言われているお酒ですが、薄毛との関係はどうでしょうか。

アルコールは血行を促進し、体を温めてくれますが、アルコールが分解される過程で、体内で有害な物質が発生します。その物質は「アセトアルデヒド」と呼ばれています。

もし肝臓が処理しきれないほどのアルコール量を摂取してしまった場合、この「アセトアルデヒド」が一定の量を超え、身体に悪影響を与え、薄毛にもつながってしまいます。

更に、この「アセトアルデヒド」には、脱毛を促す原因とも言われているDHT(ジヒドロテストステロン)という物質を増加させてしまう効果があります。

DHTが増えると、髪の生えてくるサイクルが乱れ、薄毛を引き起こしてしまいます。

そこで「薄毛になりにくいお酒の飲み方」について紹介します。

お酒を飲んでも薄毛にならないための対策

alcohol

①しっかりと栄養を摂ること

髪に大切な栄養素は主に「アミノ酸・ビタミン・亜鉛」です。

アミノ酸が含まれる食品(鶏卵、牛乳、豚肉、牛肉、鶏肉、あじ、さけ、かつおなど)や
 ビタミンB2が含まれる食品(大豆や卵・レバーなどを)積極的に摂取するように心がけましょう。

また、アルコールが分解される際に、体内ではアミノ酸が使われます。

アミノ酸は、本来であれば髪に行き届くはずであった栄養素でもありますので、
もし肝臓で処理しきれないほどのアルコール量を摂取してしまうと、アルコールの分解にアミノ酸を全て
使ってしまう事になりますので、しっかりと補いましょう。

②適度なアルコールの摂取量を意識する

厚生労働省は、一日の適度な飲酒量を平均1日平均20g程度までと定めております。
ビールでは500ml、日本酒では1合くらいの量になります。

③タバコをなるべく控える

喫煙により、DHT(ジヒドロテストステロン)が増加するのと、ビタミンが破壊され、栄養の吸収が悪くなるので
飲酒しながらの喫煙はなるべく控えめにしましょう。

薄毛・抜け毛防止対策におススメのお酒

alcohol

上述したように、糖分は摂取しすぎると、頭皮の皮脂を増加させ、抜け毛の原因になります。

なるべく糖分過多にならないお酒の一例をご紹介いたします。

<おススメのお酒>

・糖質オフのビール

・お湯割りや柑橘系の生ジュースで割った焼酎

・トマトジュースで割ったお酒(リコピンやビタミンが摂れるのでおススメ)

・豆乳で割ったお酒(女性ホルモンに似た物質でホルモンバランスを調整する為)

まとめ

alcohol

肝臓に負担をかけるほどの飲酒をすると、髪の毛を作るのに必要なアミノ酸がアルコールの分解に使われてしまいます。

だからといって、飲酒を我慢して今度は「ストレス」を溜めてしまうと、それも薄毛の原因となってしまいます。

つまり「適量」のお酒であれば、飲んでも体に影響はありませんので、ほどほどにお酒を飲みましょう

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ