薄毛でも大丈夫!?治療期間にできる髪の毛アレンジ

美容師

AGA治療をしている人も、していない人も

薄毛の髪の毛をヘアスタイルを変えるだけで

かなりの「AGA対策」に繋がります。

AGA治療をしているとしても、ヘアサイクルの改善から始めるので

すぐに丈夫な髪の毛が生えてくるのではなく、長期戦の治療になります。

なので、その間にヘアスタイルを変えて薄毛に見えないようにするだけで

ぜんぜん雰囲気も変わってオススメです。

そもそも薄毛には種類があります。

髪型種類

分かりやすいイラストがありましたので、他のサイトさんからお借りしました。

大きく分けて「前頭型」「頭頂型」「M型」
3つです。

自分の髪の毛の種類を把握して、それをカバーするヘアスタイルにしましょう。

薄毛が目立たないヘアスタイル

その人の薄毛の種類の型によって出来ない髪形もあるかもしれませんが

人気な薄毛に見られない髪形をいくつか紹介します。

自分に似合う髪形があるかも!?

【ベリーショート ウルフスタイル】

ベリーショートウルフ

髪を全体的に短くして、ワックスなどで毛先を立たせます。

全体的にシンプルなので、髭などを生やしてお洒落感がいいかもしれません。

【トレンチベリーショート】

トレンチベリーショート

M字生え際をカバーして生かしたヘアスタイル。

前髪はセンターを立てて、サイドは厚めに残してワックスなどで上げずに馴染むようにしてM字の生え際を自然にカバーします。

バックは後頭部の絶壁を丸みを持たせて、外ハネをさせます。

【ショートレイヤー】

ショートレイヤー

どうしても髪を垂らしたい!という人にはオススメです。

前髪を分けて自然に流します。

綺麗に見せるのには側面にある程度の髪量が必要です。

おでこの生え際が薄いタイプで、軽いED患者向けです。

【クリエイティブボウズ】

ベッカム

トップを若干長さを残して全体的に髪を短くします。

40代以上になると、渋さが入るので意外と色々な格好にキマッたりします。

いかがだったでしょうか。

全体的に髪が薄いからといって、生えてくる部分を延ばしたり

薄い部分に髪を無理やり持ってきて隠したりすると

一歩間違えれば不潔感が出てしまいます。

人は薄い髪という印象より、不潔感や似合ってない髪形に悪いイメージがつきます。

薄毛を気にして髪の毛を短くすることを怖がってはいけません!

AGA治療を進めながら、自分に似合う髪形を見つけましょう!!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ