AGA治療正しいブラッシング方法とは

e54af51867e959f021646b374d7abd36

男性のみなさん、髪の毛をブラッシングしていますか?

「自分は髪の毛短いから」「めんどくさいから」といって

ブラッシングをしていないのではないでしょうか?

男性でも女性でも、髪の毛が短くても長くてもブラッシングは大事です。

ブラッシングであることに気をつければ

育毛効果も期待ができます。

ブラシの選び方

item22802p1

頭皮を痛めないようなブラシを選ぶ必要があります。

静電気を起こさず、毛先が柔らかいクッション性のあるものを選びましょう。

豚毛、猪毛などのブラシが理想的です。

逆にブロー用のロールブラシやナイロン製のブラシ、プラスティック製のブラシは不向きです。

正しいブラッシング方法

POINT

1日2~3回のブラッシングを心がけましょう。

お風呂に入る前などにブラッシングをすると、シャンプーをした際に髪や頭皮に付着した汚れやほこりが取れやすくなります。

さらにシャンプーの泡があわ立ちやすくなって、泡で髪を洗えます。

まず始めに、ブラッシングで毛先をブラッシングします。

これで毛先のひっかかりを取ります。

次に、ブラシを頭皮にあてて少しずつ位置を変えながら、髪全体をブラッシングしていきます。

髪の生え際やこめかみの横などから後頭部へ向けてブラッシングをします。

そして、ブラシを下から上へと動かせします。

髪の毛が長い人は、持ち上げるようjにして首の付け根から頭頂部に向けてブラッシングをします。

すべての作業は頭皮を毛先に当てますが、やさしくゆっくりしましょう。

力強く、雑にブラッシングをしてしまうと逆に頭皮に負担をかけてしまいます。

ブラッシングの注意点

ブラッシングをする際に注意すべきことがあります。

・髪は乾いてからブラッシングする

・髪や頭皮が日焼けして痛んでいる時はブラッシングを控える

・強くするのではなく、優しく行う

・静電気を発生させないようにする

まとめ

ブラッシングをしてると、頭皮の血流が促進されて頭皮が温まってくるのが実感できます。

血流が促進されると、育毛に効果大です。

ブラッシングを続けると髪の毛も艶が出てふわりと弾力が出来るので続けていきましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ