男性型脱毛症と円形脱毛症との大きな違い

男性

本サイトは男性脱毛症(AGA)を専門に治療する方法や対策や予防方法を紹介しています。

歳を重ねると、多くの人に発生する脱毛症。

男性型脱毛症のほかに有名なのは
『円形型脱毛症』です。

そんな円形脱毛症の特徴と原因と、男性型脱毛症との大きな違いを紹介します。

円形脱毛症とは??

円形脱毛症

円形脱毛症は、頭に十円玉ほどの脱毛部分が出来る症状です。

円形脱毛症患者は、頭皮や体毛だけでなく、爪に横筋や小さな凹み、爪が歪む症状も見られます。

種類がいくつかあって、単発型、多発型、多発融合型、全頭型、汎発型が挙げられる。

原因

主な原因はストレスにより、リンパ球にダメージを与えてしまい発症してしまうのが主です。

リンパ球の腫れが収まれば、円形脱毛症は治ります。

また、円形脱毛症の40%以上がアトピー素因を持つと言われおり、54%が本人もしくは親兄弟にアトピー素因が認められるなどアトピー皮膚炎と円形脱毛症には密接な関係があるとされている。

円形脱毛症と男性型脱毛症の違い

抜け毛

円形脱毛症はストレスなどで身体に異常が走り、リンパ球に負担をかけることで発症します。

これは歳も関係なく、男女共に発症します。

しかし、発症してから身体を休めたり、専用の医薬品や治療を受けると短い間で治療することができます。

一方、男性型脱毛症は男性ホルモンや生活習慣、加齢、遺伝などが原因です。

その中にストレスも含まれますが、円形脱毛症と違って一気に治療をすることはできません。

長い時間をかけて、毛根からしっかり栄養を与えて育毛する治療方法です。

まとめ

薄毛の人

いかがですか?

男性型脱毛症と円形脱毛症は違います。

原因も内容も違うのですが、両方とも「ストレス」が原因に含まれます。

そうなる前にストレスをなるべく溜めずに、発散して毎日を過ごしましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ