ジェネリックAGA治療薬”フィンペシア”の有効的な使い方

nayami

若年層にも増えつつあるAGA(男性型脱毛症)。

そんな悩みの救世主が、AGA治療薬として人気の高い
プロペシアのジェネリック医薬品”フィンペシア”です。

今回はそんなフィンペシアについて、ご紹介します。

フィンペシアについて

finpecia01

フィンペシアは、AGA(男性型脱毛症)に効くとされている「プロペシア」のジェネリック医薬品です。

有効成分はプロペシアと同じフィナステリドが1mg入っています。

AGAを引き起こす原因のひとつである男性ホルモン「ジヒドロテストステロン」にとても有効な治療薬です。

生産国はインド

plane

フィンペシアを製造している会社は、シプラ社(Cipla)と言うインドの製薬会社です。

欧米を含む170カ国以上に製品を輸出していて、インドでは第2位の製薬メーカーです。

シプラ社はいろいろな薬をジェネリックとして製造・販売している会社です。

ジェネリック医薬品について

nurse

フィンペシアはプロペシアのジェネリック医薬品です。それでは、ジェネリック医薬品とはどのようなものを指すのでしょうか。

ジェネリック医薬品とは…

ジェネリック医薬品は新薬と同じ有効成分で作られ、「医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律」にもとづくいろいろな厳しい基準や規制をクリアしたお薬。効き目や安全性が新薬と同じだと認められてから発売されます。開発にかかる期間が新薬と比べて短い分費用が安くて済むため、価格を安くすることができます。

フィンペシアの効果

good

フィンペシアの主成分は、AGA治療薬のプロペシアと同じ「フィナステリド」です。

フィンペシアは1錠あたり1mgのフィナステリドを含んでいて、プロペシアと同じ抜け毛を予防する効力を持っています。

抜け毛予防・発毛・育毛に対し、非常に高い効果が期待できるとされています。

※AGA治療薬であるため、円形脱毛症などの症状には効果はありません。

効果の出方

フィンペシアは飲み続けてから約半年~1年で効果が出てきます。

そして、毛髪の薄い部分や、毛のなくなってしまっていた部分に少しずつ育毛が感じれるようになってきます。

服用している多くの人が、3ヶ月ほど経って抜け毛が少なくなり6ヶ月ほどで発毛を実感しています。

しかし、服用をやめてしまうと効果はなくなってしまうので服用し続けることが大切になっていきます。

※発毛・育毛の効果には個人差があり、実際に発毛し薄い部分が目立たなくなる人もれば、抜け毛が予防され現状維持という人もいます。

フィンペシアの副作用

フィンペシアの主成分「フィナステリド」は、効力が高いため下記のような副作用もあります。

副作用の発症率は全体の2~5%と低く、症状も軽いものがほとんどですが、フィンペシアを服用するためにはしっかり理解しておきましょう。

疲れ

  • 胃部不快感
  • 性欲減退
  • 性機能障害
  • 頻尿
  • 頭痛
  • 腹痛
  • 下痢

服用方法

1日1回1錠、決まった時間にお水かぬるめのお湯で服用します。

水

時間帯は決まっていませんが、必ず24時間以上空けてください。

1mgを超える服用は禁止されています。

空腹時は避けてください。

また、服用した前後のお酒の飲酒は控えましょう。

お酒を飲む場合は時間を空けてください。

フィンペシアを使うメリット

フィンペシアを使用するにあたってのメリットとしては、『お金』とそれによって『続けやすさ』にあります。

generic

AGA治療には保険が適用されませんのでそこでプロペシアの1錠の金額が約200円です。

それに比べてジェネリック医薬品のフィンペシアは、有効成分が同じでありながら1錠約50円です。

毎日飲み続けたとしてプロペシアを服用するより1年間で約5万円も安くなります。

それによってお金の負担が少なくなり、飲み続けやすくなります。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ