AGAってやはり遺伝?その原因を徹底紹介

薄毛の人

AGAになる原因は男性ホルモンや生活習慣、ストレスなど色々な原因が挙げられますけど

やはり気になりますし、分かっていて原因から予防することができないのは

『遺伝によるAGA』
です。

なんで遺伝でAGAになるのでしょう・・・?

遺伝とは

遺伝というのは生殖によって、親から子へと形質が伝わる現象のことです。

遺伝現象は親子関係で起こるものですが、単にすべての形質が親から子に伝わるものではなく
伝わりにくい形質や何世代かおいて出現するものもあります。

遺伝とAGA

遺伝による薄毛原因はまだはっきり解明されていない部分はあります。

しかし一つわかっていることがあります。

それはアンドロゲンレセプターがDHTとくっつきやすいことです。

アンドロゲンレセプターという男性ホルモンを受け取る受容体のことです。

そういう身体の方は遺伝として、子供が引き継いだ場合

男性ホルモンの吸収が強いと思われ、AGAの原因になるということです。

父親が薄毛だと確実に薄毛になる!?

赤ちゃん

自分の父親や祖父、親戚関係に薄毛が多い方は、将来自分の薄毛に!?と不安な人もいると思います。

男性ホルモンを持っている割合は、遺伝的な影響が大きいので

傾向としては薄毛になりやすい体質なのは間違いないです。

しかし、父親が薄毛で子供が男二人兄弟だったとして

二人とも父親と同じように薄毛になるというのは、確率は高くありません。

人間には先天的遺伝という生まれてつきのものと
後天的遺伝という生まれてからの生活習慣などで出てくる遺伝があります。

子供は親と同じ生活をするので、その習慣を身に付けることから後から影響の出る遺伝ということです。

先天的遺伝で男性ホルモンが多く、後天的遺伝で父親と同じ生活習慣になれば、薄毛になる確率が上がるというわけです。

薄毛になる遺伝があるなら諦める!?

oyako

遺伝はどういう治療を受けても変えられることはできません。

だからといって産んで育ててくれた親を恨んではいけません。

でも薄毛でずっと悩む必要はありません。

AGA治療は遺伝という大きな力にも対応できるように日々研究が進められています。

何も治療や生活習慣を見直すなどの努力をする前に諦めてはいけません。

まずはAGAと向き合って自分の症状を把握して、それに見合う治療方法でAGA対策をしましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ