更年期に起こる女性のAGA対策!

shutterstock_162983405

AGAとは、一般的に男性型脱毛症のことを現しますが、実は女性もAGAを発症することがあるのです。

女性は、更年期になると女性ホルモンの分泌が減少して、男性ホルモンが多く分泌されるといいます。

AGAは、男性ホルモンに何らかの異常が起きて発症するといいますが、女性がAGAになるケースは、男性ホルモンの分泌量が多いことが原因とされています。

また、更年期は生理が閉経することが多く、「更年期障害」と続いていきます。

更年期障害を発症するとストレスが加わり、抜け毛が続いてしまいます。

しかし、女性ホルモンは加齢と共に減少していくので、男性ホルモンの分泌量が多くなることは仕方がないことなのです。

では、一体どうしたらAGAを発症させないようにするの!?と疑問に思いますよね・・・。

実は、下記のようなことを習慣付けることで、AGAの改善、あるいは予防に繋がるといいます。

AGAの予防・改善方法

003

1.頭皮全体を毎日マッサージすること

2.睡眠をしっかりととること

3.頭皮を清潔に保つこと

4.食生活の改善を行うこと

5.スポーツなどで体を動かすこと

これらのAGA予防・改善方法は女性だけではなく男性にも言えることです。

それから女性は、女性ホルモンの働きにより、身体と心の状態がなかなか安定しません。

その為、ストレスを感じることが多くなります。

ストレスを溜めすぎてしまうと血行不良を起こして薄毛の原因となってしまいます。

上記のような対策を常に心がけ、ストレスを溜めないようにしましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ