毎日生える髪の毛をご存知?

髪の毛女性

髪の毛は生えてきて伸びてくるものです。

AGA患者の方は特に敏感に
それを感じていると思います。

髪の毛は人間にとって、頭皮の外界の異物や紫外線を防ぐだけではなく美容面でも重要な役目を担っています。

髪の毛について

髪の毛

毛は汗線や爪などと同様に皮膚付属器の一つであり、唇などの鼓膜部や手のひらを除く全身の皮膚に分泌しています。

毛は正式には『毛包~もうほう~』
と言います。

毛包が皮膚の深いところまで成長して毛髪が伸びる「成長期」

毛髪の成長が止まり毛包が退縮する「退行期」

毛包の退縮が終わって毛髪が軽度の刺激でも抜けて落ちる「休止期」という三つの時期からなる毛周期を回しながら過ごしています。

髪の毛の成長について

抜け毛

人体の頭髪では、成長期は2~6年、退行期は1~2週間、休止期が数ヶ月です。

休止期を過ぎると、毛包は再び成長期に戻ります。

人間の頭髪は約10万本ほどありますが、そのうちの約85~90%は成長期であり、それ以外は退行期か休止期です。

なので成長期が十分な期間維持されていることです。

毛包が大きく成長しないと、太くて丈夫な髪を作ることができません。

成長期毛包では1日約0.5ミリ
、髪の毛が伸びています。

そして、頭髪の一割ほどが休止期なので、毎日約50~100本の毛髪が自然に抜けています。

しかしこれがAGA患者の方は、ヘアサイクルが乱れているので成長期が短かったり休止期間が長いと、ちゃんと髪の毛が成長しなかったり抜け毛の量が多かったりする症状が出るというわけです。

まとめ

髪の毛

髪の毛が伸びることも、抜けることも自然なことです。

その自然な状態とAGAの状態との差が分かっていただけたでしょうか?

髪の毛を育毛する際に、基本的な髪の毛の成長についてをしっかり把握して、しっかり自分の髪の毛を育てていきましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ