髪を染めることは薄毛に繋がる?

髪染め中

今、髪の毛は美容室や理容室、もしくは自分自身で簡単に髪の毛を染めることができますね。

髪の色を変えることで雰囲気を大きく変えることができますし、色を明るくしたりすると若返ります。

しかし、髪の色を変えることは髪の毛に負担がかかることになります。

その負担は、頭皮に影響して薄毛の原因になったりするのでしょうか。

染髪による髪や頭皮への負担とは?

cafe_money_ai2_40

ヘアカラーは長持ちするように作られているので
髪への負担は大きいです。

髪を保護するキューティクルをこじ開けて、メラニン色素を分解して色をつけます。

ケアをしっかりしないと、キューティクルが開いたままになり、髪が切れやすくなってしまいます。

髪の毛を染める際は、しっかり染め剤を洗い流すことと

日々のトリートメントなどによるヘアケアは必須です。

染髪による薄毛は?

調査によると、染髪による薄毛への影響は報告はありませんでした。

しかし、染めた髪が痛んでしまい切れ毛が起きた際に髪の毛が全体的に少なくなるように感じる場合があります。

なので、髪を染めた際はトリートメントなどでしっかり髪の毛を保湿してください。

まとめ

chapatsu

髪の毛を染めることは、髪の毛には負担をかけますが

薄毛の原因になることはありません。

黒髪で薄毛の人は、肌の色と髪の毛の色がはっきりしていて薄毛が目立ってしまいます。

少し髪色を茶色にするだけで、肌の色と近くなって薄毛が目立ちにくくなります。

ぜひ、ヘアカラーを変えてみてはいかがですか??

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ