プロペシアが子作りに及ぼす影響は?

プロペシア子作り

AGA治療薬を女性が飲むとどうなるの?

AGA(男性型脱毛症)の治療薬として、代表的なプロペシア。

主成分はフィナステリドでできています。

このフィナステリド。

男性ホルモンに働きかける成分なので、女性が摂っても意味がありません。

ただ飲んでも効果が出ないという事なら良いのですが、妊婦や授乳中の方は、飲むことも、薬に触れる事さえ危険と言われています。

妊娠中に、AGA治療薬の主成分のフィナステリドが体内に入ってしまうと、胎児が男児だった場合には、胎児の生殖器官に異常が出てしまう事があるとの報告があります。

フィナステリドは、皮膚に直接成分が触れてしまうと、体内に吸収されてしまいます。

その為、妊婦の方は絶対に飲んでも、触ってもいけません!

AGA男性がAGA治療薬を飲んでいた場合の子供への影響は?

プロペシア子作り

もし男性側がプロペシアを飲んでいる期間に子作りをした際の影響についてですが、まずプロペシアを服用し続けたところで精子に悪い影響を及ぼすという心配はありません。

その為、子作り期間中であっても、安心して服用を続ける事ができます。

プロペシアは、飲むと約1ヶ月間、体内の血中にとどまりますので、どうしても心配な場合は、子作り期間の1ヶ月前から、プロペシアの使用を中断しましょう。

男性がAGA治療中だった場合、女性側が気を付ける事は?

上述したように、妊娠中、または妊娠予定の女性がフィナステリドに触れてしまうと危険なので、男性はパートナーの女性の手の届かない場所に薬を保管しておいた方が良いと言えます。

特に、錠剤を割ったり、砕いたりすると、経皮吸収のリスクが高まる為、男性は、女性の手の触れそうな場所に、割れた薬剤を散らかしておかない様に厳重に注意する必要があります。

まとめ

プロペシア子作り

プロペシアは、取扱いにさえ気を付ければ、子作り中でも安心なお薬です。

継続的に使用する事で効果が現れるお薬なので、子作り期間中もなるべく休薬せずに、理想の髪型を目指したいですね!!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ