紫外線は頭皮の敵!薄毛の原因に!?

sun

今年の夏も紫外線が強くて暑いですね。

紫外線は人の肌を焼いて、黒くなったり赤くなったりします。

頭皮にとってはどうでしょうか??

太陽がカンカン照りのときに、頭皮に直接日光を浴びていると髪の毛が熱くなってパサパサになります。

これは太陽の紫外線によって、頭皮と髪の毛が火傷状態になっているということです。

一度の紫外線の火傷で、髪の毛が抜けてしまうことはありません。

しかし、これを毎日や長時間続けていくと頭皮への負担が大きくなり、丈夫な髪が生えてこなくなったり、成長段階の髪が抜けてしまう恐れがあります。

紫外線対策方法

紫外線から頭皮を守るには、帽子が最適です。

その季節によっての帽子をかぶると思いますが、通気性のよく少しゆるめの帽子がいいです。

かなりきつめの帽子を長時間かぶっていると、頭皮が締め付けられて頭皮の血行が悪くなってしまう恐れがあります。

しかし、長時間帽子をかぶっていると蒸れの原因になりますので

こまめに帽子を脱いでかぶって…を繰り返してください。

頭皮が熱くなったら冷やしましょう

kami2s

万が一、帽子がかぶれない状態や忘れてしまったら

家に帰ってシャワーなどの水で頭皮を冷やしてあげでください。

これだけでも、かなり違います。

ぜひ参考にしてみてください。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ