そのシャンプーには入ってる!?育毛に必要な成分まとめ特集

シャンプー一覧

育毛というのは、さまざまな条件があります。

基本、育毛シャンプーというのは前の記事で記したとおり、頭皮の地盤作りがメインです。

ですが育毛シャンプーにも名前の通り、育毛成分が配合されています。

そのような成分が多いほど髪は生えやすくなりますし、値段が変わってきます。

育毛成分が分かりやすいようにまとめてみました。

育毛成分のまとめ

男性ホルモン抑制成分

AGAは男性ホルモンが主に原因となっています。

その男性ホルモンを抑制することによって脱毛、薄毛を予防します。

血管拡張成分

血管を拡張することで、血行・血流を促進して、頭皮に栄養分を送り出しやすくします。

20140604-00036380-r25-001-1-thumb

栄養補給成分

頭皮や髪に必要なビタミン類の栄養を与えることで、頭皮の細胞や髪細胞を活性化させます。

抗脂漏成分

頭皮の皮脂を過剰に分泌させない成分です。

頭皮環境を整えて、育毛しやすい状態にします。

保湿成分

頭皮を保湿することによって、フケが発生することや頭皮の代謝の低下を防ぎます。

頭皮環境を整えて、育毛しやすい状態にします。

消炎成分

頭皮の肌荒れを防ぐ成分です。

かゆみなどを防ぎ、頭皮環境を整えます。

シャンプーぷっしゅ

頭皮代謝活性化成分

頭皮の代謝を活性化します。

脱毛予防、育毛促進に繋がります。

抗菌成分

頭皮には何千億も菌が活動しています。

頭皮に抗菌を与えることで、これらの菌を増殖を抑えて脱毛予防します。

角質溶解成分

頭皮の角質を膨潤させてフケを予防します。

頭皮を柔らかくすると、頭皮の代謝や頭皮環境を良くすることで育毛効果が上がります。

抗酸化成分

お肌と一緒で頭皮も皮脂分泌があるので、毛穴の酸化や活性酸素は頭皮の老化を早めてしまいます。

抗酸化線分は、この症状を抑制する働きをします。

いかかでしたか?

xdcfvgbhnjmk

すでに育毛シャンプーをお持ちの方は

ぜひ裏面を見て配合成分をみてみてください。

この10種類全部が配合されていることは基本ないです。

自分の髪質や頭皮の状態をみて

それに合う成分配合シャンプーを選ぶといいと思います。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ