自然な抜け毛とAGAの抜け毛の違い

抜け毛

髪の毛は一般的に毎日抜けているものです。

家で生活するにあたって部屋に髪の毛が落ちているのは、その証拠です。

しかし、AGAとはまた違います。

男性ホルモンやストレス、生活習慣によって起きる症状で、髪の毛の病気といってもいいくらいです。

では、普段の抜け毛とAGAの抜け毛は、何が違うんでしょうか。

調べてまとめてみました。

通常の抜け毛

髪ふさふさ

髪の毛はヘアサイクルの周期で回っているので、髪の毛が育つ成長期から成長が止まる退行期を迎えた髪の毛は自然と抜け落ちます。

一般的には1日50本~100本ほど抜けています。

春や秋などの、いわゆる抜け毛が増える季節では1日に200本~300本ほど抜けています。

AGAの抜け毛

薄毛の男性

異常脱毛のAGAが始まる初期段階では。髪が細くなったりコシが無くなったり、頭皮が赤みを帯びてくるなどの症状が出ることが多いです。

抜け毛が始まる前にこのような症状が起きるので、要注意です。

朝起きて枕などの髪の量、クシの残る髪の量がいつもより多いと感じたら危険です。

気づいたらすぐにAGA治療を始めないと、抜け毛が急に少なくなったりすることはないのです。

自分が今どの状態か分かりましたか?
AGAになった場合は早めの治療で結果が全然変わってきます。
きちんと自分の頭髪状態を把握して対応していきましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ