AGAとは?~薄毛抜け毛対策~

男性

そもそもAGAってなんですか??

AGAとはAndrogenetic Alopeciaの略語であり、日本語でいうと男性型脱毛症といいます。

これは成人男性の髪の毛が薄くなる症状をいいます。

原因は一般的に遺伝や男性ホルモンの関係だと報告されています。

遺伝として自分の親や祖父の遺伝になるので、対策法はまだ見つかっていません。

AGAの状況はどんな感じ??

AGAの一般的な症状としてだんだん額が後退してきたり、頭頂部の毛が薄くなってくるのが特徴です。

このような髪の毛の変化は、20代前後から始まって35歳までには、約40%の男女に症状が出てくると言われています。

AGAには特異的な脱毛パターンがあり、発症年齢や進行の程度には個人差があります。

早い人では10代で症状が現れるケースもあるのです。

AGAの原因物質はなんですか??

AGAの主な原因物質はジヒドロテストステロン(DHT)です。

DHTは毛乳頭細胞に存在する男性ホルモン受容体と結合することにより、ヘアサイクルが乱れ、成長期が終了してしまいます。

そのため毛髪が太く長い毛に成長する前に抜けてしまいます。

十分に成長しない細く短い毛髪が多くなることで、全体として薄毛が目立つようになります。

AGAの原因DHT(ジヒドロテストステロン)を詳しく!!

わっきー

男性ホルモンにはテストステロンという筋肉増大やたんぱく質同化作用の促進、闘争本能促進の機能をもつホルモンがあります。

そのテストステロンが「5αリダクターゼ」という酵素によって変化させられた活性型の男性ホルモンのことです。

簡単にいうと、すべての男性が持っているホルモンから作り出される男性ホルモンということです。

そんなDHTは毛髪を薄毛させる働きがあり、毛根を力が通常の男性ホルモンの10~100倍と言われているものなんです。


ヘアサイクルを詳しく!!

!!!!!

AGAはヘアサイクルを営めなくするという恐ろしいものです。

ヘアサイクルとは毛周期のことであり、周期を大きく分けることができます。

毛を成長させる毛乳頭細胞が最も盛んに活動して、太く長く成長している状態の「成長期」、毛根に退縮して毛髪の伸長活動が低下する「退行期」、毛髪の成長を終えて脱落の準備に入る「休止期」の3つの期を繰り返ししていることをヘアサイクルといいます。

ちなみに期間なのですが、成長期が2~6年、退行期が2週間程、休止期が3~4ヶ月となっています。

このヘアサイクルが乱れると成長期が短縮してしまい、毛髪がしっかりと太くなる前に成長を終えてしまいます。

そして、細くしっかりしてない髪の毛を作り出してしまうのです。

また、人間の毛髪はこのサイクルを40~50回繰り返すと、その細胞分裂が止まってしまうといわれています。


AGA対策の種類は??

AGA治療として
医療機関で受けられるもの、自宅で対処できるもの、整容的な対処などが挙げられます。

(1)内科的治療(医薬品治療)

くすりおお

医療機関で処方される薬による育毛治療

個人輸入で購入可能な医薬品による育毛治療

育毛剤、育毛シャンプーの使用による育毛治療


(2)外科的治療

病院

医療機関での自毛植毛術による処方


(3)整容的対処

ヅラ

かつらの使用による処方


サブコンテンツ

このページの先頭へ