AGA対策のQ&A |薄毛や抜け毛AGA全般の疑問にお答え

hear

AGA対策の疑問もスッキリ!!

薄毛や抜け毛が気になる悩みのある方

はじめてのAGA対策に不安や疑問がある方

そんな悩める人の為によくあるAGA質問まとめを作成しました。

QAはAGA対策で役に立つ情報が載ってるので一度目を通してみてください。


Q. AGAは放っておくとどうなるの?
A. AGAは進行性です。どんどん毛が抜けて薄くっていきます。
なので、早い対策ほどAGA治療は有利的です。
Q. AGAの治療期間はどれくらいですか?
A. 個人差がありますが、基本およそ 6ヶ月の継続が必要となり、それから効果が出るまでに1年ほど経過を見ます。
Q. AGA治療に年齢は関係ありますか?
A. 成人男性であれば年齢は関係ありません。
年齢より遺伝や体質によって発症や進行に関係があります。
ちなみに成人の脱毛症のことをAGAというので、未成年にはAGA治療薬は使用できません。
Q. 額の片方だけ広いのですが、これはAGAですか?
A. AGAの症状になります。おそらく徐々にもう片方も額が広くなります。
進行がさらに始まる前に早めのAGA対策をオススメします。
Q. 実際にAGAになっている人はどれくらいいるんですか?
A. 日本全国で1300万人といわれています。全然珍しい症状ではないのです。
Q. AGAになる原因はなんですか?
A. 髪の毛というのは伸びては抜け、また新しく生えるというヘアサイクルがあるのですが、DHTという男性ホルモンはこの働きを阻害する効果があります。
それによって髪の毛の成長期が短くなり、長く太くなる前に抜けてしまったり、十分に育たなくなく細く短い髪になり全体的に薄い印象になるのです。
Q. AGAにストレスは関係ありますか?
A. ストレスを溜めることが直接的にAGAへの原因にはなっていませんが、ストレスによって発生する「ノルアドレナリン」が神経を刺激して過敏にしてしまいます。
それによって寝付けなかったり、眠りが浅くなったりして質の良い睡眠を取れなくなります。
したがって睡眠不足はAGAの原因のひとつとなっているので、間接的にストレスもAGAに影響を及ぼします。
Q. タバコが原因で抜け毛や薄毛になりやすいですか??
A. ハーバード大学の公衆衛生学部の調査によると、タバコを吸うことで男性ホルモンが10~30%増加した結果が出ています。AGAは男性ホルモンが原因で発症しますので、タバコを吸うことによって発症率は確実に上がります。
また、タバコに含まれるニコチンは血管収縮の作用があり、血管を細くします。そうすることによって、髪へ行き渡る栄養分が減少するのも理由のひとつとされています。
喫煙者がタバコを吸っていないときに溜めるストレスも髪への大きな負担となっています。よって、タバコは抜け毛や薄毛の原因になります。
Q. AGA治療で使う薬で代表的なものはありますか?
A. 代表的なAGA治療薬といいますと、世界で初めてAGA治療薬として認められたプロペシアと元々血行を良くする医薬品として使われていたミノキシジンになります。
この二つを兼用で使うと、さらに効果が期待されるという結果も出ています。現在、この二つの医薬品のジェネリック商品も出ているので、そちらも人気です。
Q. AGA治療薬を服用してからどれくらいで効果が期待できますか?
A. AGA医薬品を服用して次の日に毛が生えた!ということは、まずありません。
崩されたヘアサイクルを通常の状態に戻したり、すでに弱い毛根を生え変えさせる為に服用してすぐに毛が抜けてしまう現象があったりします。
なので、AGA治療というのは長い期間継続して頂く治療法になります。個人差もありますが、効果を感じるのは服用してか3ヶ月から半年と言われています。

お役に立てたでしょうか?

Q&Aで載っている事以外でもAGA関係で疑問がありましたら

お調べしてお答えしたいと思います。

コメントでの書き込み、お待ちしております。

サブコンテンツ

このページの先頭へ