生活習慣でAGA対策!日ごろの生活を正そう!!

tatemono_yakei_jutakugai

AGAになる理由の中にはストレスや食生活なども関係しています。

そんな生活を変えるだけでも、髪の毛にとってはとっても嬉しいのです。

AGA医薬品だけの服用よりも、生活習慣の改善を兼用をすることで

育毛の効果は上々に間違えないです。

髪の毛にとって良い生活をまとめてみました。


喫煙をしてる方は喫煙を!

aruki_tabako

髪の毛への栄養分は血液によって運び出されます。

ですが、タバコを吸うことによって血液の中にニコチンが入っていきます。

ニコチンは血液の流れを悪くするので、髪の毛に必要な栄養と酸素が運ばれにくくなります。

さらに、喫煙をするとDHTなどの男性ホルモンが増加する研究結果が出ています。

タバコは身体にも悪い上に髪の毛にも悪いのです。

ニコチン作用もありますが、喫煙を心がけましょう。

無理でもタバコの数を減らしていきましょう。


ストレスを溜めない!

stress_man

ストレスというものは身体にとっても髪の毛にとっても大きな問題です。

ストレスにも種類があって、例えばイライラするストレスの場合に分泌されるテストステロン活発になって、酵素によって脱毛を引き起こす男性ホルモンのジヒドロテストステロンに変換されれば薄毛になる可能性もあります。

そんなストレスは溜めないように心がけましょう。

ストレスを感じても発散をするようにしましょう。

個人的に発散法は色々ありますが、自分に合う健康的な発散方法を見つけて実践していきましょう。


適度な運動を!

taisou_yuka

適度な運動は血行を良くする上に、ストレスも発散されます。

ホルモンバランスを整える働きもあり、毛母細胞も活性化されて毛根も刺激されて活動的になります。

運動不足はAGAを発症させたり、悪化させる原因になります。

運動不足によって脂肪が溜まり皮脂の分泌も増えてしまいます。皮脂は毛穴の詰まりを発生させることにもなります。

健康にも運動はとてもいいので、やっていくのをオススメします。


睡眠をしっかりと取る

hammock

髪の毛はいつの時間帯伸びていると思いますか?

寝ている時間に髪は成長しているんです。

そんな大事な睡眠時間が短いと、髪の毛も成長ができません。

睡眠についてから30分から3時間の間が成長ホルモン分泌量が最も多くなっています。

そして夜のゴールデンタイムといわれている22時から2時までの間に寝るのも効果的です。

きちんと身体を休ませて、髪の毛を成長させましょう。


食生活に意識を!

seikatsusyukan_highcalorie

戦後日本人は、魚や野菜中心の食事から肉食に変化した事で、薄毛人口が増えたという統計結果があります。

欧米化の食事が直接髪に悪いというわけではありません。

摂取するカロリーや高脂質が増えて太ってしまい、AGAを引き起こしてしまいます。

それと、動物性食品を多く摂取すると、男性ホルモンの分泌が活発になってしまいます。

欧米食品も動物性食品も身体を作る基礎になる大事な食べ物ですが、、食べすぎが要注意ということです。


目の疲れを取る

6_14

目の疲れはストレスを引き起こしやすいと言われています。

そして首や肩こりを引き起こします。

コリは血液のめぐりが悪くなっている証拠であり、栄養が身体をめぐりにくくなっているということです。

酸素や血液中の栄養分が頭皮まで届くように、目を休ませましょう。

長時間続けてパソコンを使ったら休ませたり、目の周りをあっためてリラックスさせたりしましょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ